茨城県内の外飼いの犬を低価格で不妊手術します!

不妊手術の目的

茨城県の動物指導センターでは、犬の収容が多いです。

外飼いの犬同士の繁殖で生まれた、仔犬の収容が多いことが原因です。

また、外飼いの犬が迷い犬として収容された場合に、マイクロチップの装着がなく、個体識別ができないことも原因のひとつです。

本来、当院ではすでに飼育されている飼い猫や飼い犬の手術はおこなっておりません。

しかし、動物指導センターへ収容される犬を減らすために、かかりつけ病院のない外飼いの犬に対して、低価格で不妊手術を行っていくことにしました。

不妊手術できる犬の条件

当院で不妊手術できる犬の条件はこちらです。

外飼いの犬であること(室内飼いの場合は繁殖の危険性が低いため)

かかりつけ病院がないこと(定期的な予防や検査でかかりつけ病院がある場合は、当院で手術ができません)

・不妊手術と同時にマイクロチップを装着すること(装着後は必ず登録もお願いします)

場所と日程

いながき動物病院越谷本院と、いながき動物土浦分院で行います。

越谷本院は毎週金曜日土曜日、土浦分院は毎月第3木曜日が手術日です。

費用は当院の保護犬の費用と同じです。

犬が妊娠している場合や、犬の状態が悪い場合は、治療費が別途発生することがあります。

料金案内(犬)

予約方法

電話か公式LINEアカウントからご予約いただけます。

1週間前にはご予約ください。