新型コロナウイルスの影響で4月の手術を休診していた鹿嶋分院ですが、現地の協力ボランティアさんと話し合いをして今後も手術の継続は難しいと判断しました。

鹿嶋分院をご利用の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解をお願い申し上げます。

しかし、鹿嶋分院は元々早期に廃業する予定でした。

開業時から廃業を目標に地元の獣医師のトレーニングを続けてきました。

地元の獣医師が小さく開業し手術を始めたのを良い機会と考え、このタイミングで廃業しました。

鹿嶋分院の閉院を祝福してください♪

自分で作った分院を技術とシステムごと他人にあげるようなものですから、どれだけ社会奉仕が好きなのか自分を褒めたいくらいです。(笑)

世界的な大災害の様相ですから、他の本院、分院、保護猫カフェでもこれからどんどん変化が起こる可能性があります。

種の起源で有名なダーウィンの言葉を借りるなら、

「唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。」

進化しなくていいから、変化し続けるしかないですね。

生き残りをかけて変化を続けます!(*^ω^*)